北村拓己は結婚してるの?巨人の4番を任せられる内野手に期待膨らむ!【プロ野球】




読売ジャイアンツの勢いが止まりませんね。

2020年のプロ野球も、いよいよ夏の季節から秋の終盤へと向かって、日々熱い戦いを繰り広げています。

セントラルリーグでは、ダントツ1位で巨人が2連覇と、昨年果たせなかった日本一を目指して、若い選手やベテランも、暑いさなか頑張っています。

ここからはその巨人の近い将来に4番を任せられるであろう、と期待されている若者、北村拓己に焦点を当て、どんな選手なのか、プライベート関連も合わせてお伝えしたいと思います。

暑いさなかではありますが、熱中症にかからないように冷たいものなどを飲みながら、ごゆっくりご覧ください。

Sponsored Link

北村拓己は巨人の4番を任せられる内野手になれるか?

 

 

 

それでは改めまして北村拓己について、プロフィールをお伝えしたいと思います。

北村拓己(きたむら たくみ)は1995年(平成7年)8月29日生まれで24歳です。

石川県金沢市の出身で身長は181cm、体重は85kgという恵まれた体格の持ち主で、プロ野球選手で、現在は読売ジャイアンツに所属しています。

右投右打の内野手です。

略歴を見ていきましょう。

野球を始めたのはお兄さんの影響で、金沢市立十一屋小学校2年生の時に、軟式野球を始めています。

チームの名前は「十一屋ファイターズ」です。

その後、小学校の高学年、星稜中学校、星稜高等学校へと進みました。

各学校では主将を務めていて、他の部員をまとめる役割をしていました。

星稜高校時代は1年の春から三塁手としてレギュラー選手として、大会にも出ています。

 

 

 

 

2歳上のお兄さんである、祥治さんとは三遊間を守っていたそうです。

その祥治さんですが、現在はトヨタ自動車硬式野球部に所属して、社会人野球で頑張っているとのことです。

 

 

北村拓己は星稜高校3年生の時には、甲子園で夏の全国高校野球選手権大会に出場しています。

しかし1回戦で敗退してしまいました。

高校卒業後、亜細亜大学へ進学しました。

1年の秋からリーグ戦に出場、3年の秋には三塁手で出場し4年の秋には遊撃手として出場、ベストナインに選ばれています。

 

 

亜細亜大学には3学年先輩で山崎康晃、薮田和樹、大下佑馬、2学年先輩で板山祐太郎、藤岡裕大、1学年先輩には宗接唯人、木浪聖也が、同期には高橋遥人などがいました。

いずれも今プロ野球で活躍中の選手ばかりですね。

北村拓己ですが、一部リーグには通算53試合に出場し、163打数52安打で打率は.319、2本塁打、35打点、10盗塁を記録しています。

3年生の時には第40回日米大学野球選手権大会の代表に選出されています。

それらの活躍がプロのスカウトの目に留まり、2017年のプロ野球ドラフト会議で、巨人から4位で指名されました。

特に競合球団はありませんでしたので、11月17日に年俸推定800万円で仮契約を結びました。

背番号は「52」を受けています。

プロ入り後の2018年7月20日、広島東洋カープ戦で代打で登場し、公式戦初出場を果たしました。

尚、二軍にいた時ですが109試合に出場、打率.270で6本塁打を記録しています。

翌2019年には5試合に出場、プロ入り後初のスタメンとなった5月6日の横浜DeNAベイスターズ戦では、初めて盗塁を記録しています。

二軍では112試合に出場、打率.290、8本塁打を記録しています。

また、出塁率は.414ということで最高出塁率のタイトルを獲得しています。

打率と安打数の107本は、リーグ3位という好記録でした。

そして2020年、開幕では一軍に入りました。

6月22日の阪神タイガース戦では、代打に出てプロ入り後初ヒットと初打点を記録しました。

 

 

23日には1番二塁手でスタメン入りし、勝ち越しの二塁打を放つ活躍で、プロ初のヒーローインタビューを受け、うれしそうに話していました。

8月4日の甲子園球場での阪神戦では、プロ初本塁打を放ちました。

これからの巨人で中堅選手として、将来は4番打者としての期待も込められています。

以上、ここまでは、北村拓己のプロフィールと略歴をお伝えしました。

Sponsored Link

北村拓己は結婚してるの?

それではここからは北村拓己選手のプライベートについて見ていきたいと思います。

北村選手ですが、8月4日の甲子園球場での試合後、インタビューの席で元アイドリング!!!の「伊藤祐奈」さんと、1月に結婚していたことを、さらに第一子の長女が生まれたことを報告しています。

 

 

この結婚についてですが、すぐに公表しませんでした。

その件では「結婚報道で僕の名前が出るというのが、何かおこがましい部分がありました。結婚で名前が出るよりも、プロ野球選手で名前を残していきたかった」と、その理由を明かしました。

 

 

北村選手は小さいころから巨人のファンだったそうです。

特に好きな選手は「高橋由伸」選手で、高橋選手のユニフォームのパジャマを愛用していた李、自分の部屋の壁には「巨人でドラフト2位で入る」との目標を掲げていたそうです。

 

 

ちょっと控えめな目標がかわいいですね。

ところで、高校時代の星稜高校といえば、あの超有名な選手がいましたね。

 

 

そうです、「松井秀喜」選手です。

これは想像ですが、やはり巨人に憧れていたのは、松井秀喜という大先輩が巨人に在籍していたことにも、一因がありそうですね。

 

 

巨人軍での活躍をした後、メジャー入りを果たし、あこがれのニューヨーク・ヤンキースに入団し、大活躍をしましたね。

ヤンキースが世界一になった際も、主力選手として大きなホームランを打つなど、大活躍でした。

その偉大なる大先輩と同じ巨人に入団できたのですから、喜びもひとしおではないかと思います。

現在、巨人軍では岡本和真選手が4番打者として君臨し、不動の4番打者となっていますね。

 

 

岡本選手はご存知に様に奈良の智弁学園で、夏の甲子園大会でも大いに活躍をしました。

私も高校野球が大好きで、当時も岡本選手の活躍をテレビで拝見していましたが、まさかプロ入り後、これほどの大打者になるとは、失礼ながら想像できませんでした。

しかもホームランをこれほど量産できるとは、素晴らしいの一言ですね。

恐らく北村選手も岡本選手のダイナミックな打法を見て、自分もあのような素晴らしいバッティングをしたい、と思っているのではないでしょうか。

同じ右バッターとして、タイミングの取り方や、左足のステップの位置、フォロースルーなどたくさん勉強ができるのではないかと思います。

ぜひ後輩として聞きたいことがあればどんどん聞いて、自分の打撃向上に役立てて欲しいと思っています。

きっと近い将来、今の岡本和真選手と同様に巨人軍の4番打者として君臨できると思います。

それが実現できれば、巨人の強さもより増すのではないかと思いますね。

今シーズンはいつもの年と比べて試合数も120試合と少なくなっています。

しかもこれまで行われてきた、クライマックスシリーズも行われません。

今季はセリーグで優勝すれば、即、日本シリーズに出ることになります。

昨年の日本シリーズではまさかの4連敗で、パの覇者である福岡ソフトバンクホークスに日本一をさらわれてしまいました。

あの悔しさをきっと巨人の選手たちは、今も忘れていないと思います。

その悔しい思いを今季はぜひとも勝利で挽回し、晴れの日本一を勝ち取ってほしい、多くのファンの願いでもあります。

それには北村選手の今後の活躍がより重要になってきます。

さあ、皆さんで大きな声援を送ろうではありませんか。

頑張れ、読売ジャイアンツ! ガンバレ、北村拓己! 優勝目指して最後まで!

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です