今西 駿介(いまにし しゅんすけ)、東洋大学の進路、就職先は?【箱根駅伝】




平成から令和に年号が変わって早くも半年が経過しました。

時の流れは速いもので、その令和元年も、間もなく終わろうとしています。

今年は様々な出来事がありましたが、中でもスポーツ界では様々な話題を呼びましたね。

一番大きな出来事は、アジアでそして日本でも初となったラグビーワールドカップの日本大会でした。

今まであまりラグビーに興味を持たなかった人たちに、ラグビーの面白さやその精神力など、多くのものを私たちに教えてくれた気がします。

史上初のベスト8入りを果たしたスコットランド戦では、ものすごい感性と大きな拍手が、日本中に広がりました。

今後もラグビーの人気は続いていくことと思われます。

一方、毎年正月には恒例の箱根駅伝が開催されます。

2020年度は果たしてどの大学が優勝するのか、興味は尽きません。

ここからは、その箱根駅伝の常連校でもある、東洋大学の4年生、今西 駿介にスポットを当て、内定した就職先や経歴、プロフィールなどをお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりご覧ください。

Sponsored Link

今西 駿介(いまにし しゅんすけ)、東洋大学の進路、就職先は?

早速ですが、東洋大学の今西 駿介の就職先をお伝えします。

その会社は、トヨタ自動車九州です。

ここからはそのトヨタ自動車九州について、どのような会社なのか、詳しく見ていきたいと思います。

正式な会社名は、トヨタ自動車九州株式会社です。

福岡県宮若市に本拠があり、あのトヨタ自動車が100%出資している車体製造会社です。

設立は1991年(平成3年)2月8日です。

業種は輸送用機器になります。

事業の内容ですが、自動車及び自動車部品の開発・設計・製造・販売を行っています。

現在、年間約30万台の生産を行っており、そのうちの約80%は海外に輸出されているとのことです。

他には、ハイブリッドカー用のトランスアスクル(トランスミッションとファイナルギア・ディファレンシャルギアを一体化した装置)、V6型6気筒エンジンの製造もおこなっています。

2005年(平成17年)以降は、日本でレクサスというブランドを展開していますが、トヨタ自動車田原工場とこのトヨタ自動車九州が、レクサス車専用工場となっています。

実際には一部ですが、レクサス車とメカニズムを共有している、SAIという車種も2017年まで、ここで生産されていたとのことです。

トヨタ自動車九州は運動部も盛んな会社で、特に1999年(平成11年)に創設された陸上競技部は、特に強い選手が育ってきました。

バルセロナ五輪男子マラソン銀メダリストの、森下広一氏が指導者に就任しています。

その後、サムエル・ワンジルが所属、北京五輪男子マラソンでは、見事に金メダルを獲得しています。

又、三津谷祐は、2005年と2007年の世界選手権に、日本代表として出場しました。

そして今井正人は、東京マラソン2015に出場し、日本歴代6位となる2時間07分39秒を記録しています。

又、毎年元旦に開催されている全日本実業団対抗駅伝競走大会(略称:ニューイヤー駅伝)には、2010年から6年連続出場中で、2013年と14年には2位に入賞する好成績を残しています。

それでは現在のトヨタ自動車九州に所属しているスタッフと、選手をここでご紹介します。

監督は森下広一、主将は渡邉竜二、選手は今井正人、大津顕杜 が所属しています。

このメンバーにおそらく2020年4月から、今西 駿介が加わって今後は共に練習に励み、各大会にも出場すると思われます。

ぜひ、早く環境に慣れて、素晴らしい成績を上げて欲しいと思います。

今西 駿介の経歴、プロフィールは?

それではここからは今西 駿介の経歴、プロフィールを見ていくことにしましょう。

今西 駿介(いまにし しゅんすけ)は、1997年(平成9年)8月29日生まれで22歳です。

宮崎県高原町の出身で、身長は173cm、体重は56kg、陸上競技の中・長距離走選手です。

高原町立高原小学校を経て、高原中学校、高校は小林高等学校へ進み、東洋大学経済学部に進学しました。

陸上を始めたのは中学生の時です。

それ以前は野球が好きでピッチャーをしていたそうです。

小林高校は高校駅伝では名門校として知られています。

何と全国高校駅伝ではこれまで7回の優勝を飾っているとのことで、いかに駅伝に強いかが分かりますね。

駅伝部というのが独立して存在しているとのことです。

この小林高校のOBには、バルセロナ・アトランタ五輪で日本代表となった、谷口浩美選手がいます。

谷口選手も日体大時代には、箱根駅伝で6区を走り、3m年連続区間賞を獲得していることで知られています。

小林高校の出身者が箱根の山下りを得意としている、これは伝統といっても良いのではないかと思います。

素晴らしいと思いますね。

今西 駿介ですが、小林高校時代には全国高校駅伝大会に3年連続出場しています。

1年時は5区を走り区間6位でした。

2年時は3区を走り区間4位、3年時は3区を走り区間6位の成績を残しています。

特筆すべきは2年生の時で、39位だった順位を17位まで押し上げる、22人抜きという離れ業を成し遂げています。

これまた実に素晴らしい活躍ですね。

東洋大学在学中は2年時の出雲駅伝がデビューとなりました。

箱根駅伝ではトップで6区の山下りを任されましたが、途中で後から来た青山学院大学の小野田選手に抜かれてしまい、そのまま2位に転落してしまいました。

3年生になったときは、この時の悔しさをばねとして頑張りました。

出雲駅伝で区間賞を、さらには全日本大学駅伝でも区間4位になるなど、実績を残しています。

いよいよ迫ってきた、2020年度の箱根駅伝は大学最後の駅伝大会となります。

現段階ではどの区を任されるかは不明ですが、任された以上は、最後まで力の限り頑張ってほしいと思います。

ここ何年か優勝から遠ざかっている東洋大学には、ぜひ優勝を目指してほしいと念願しています。

テレビでしっかりと応援をしたいと思っています。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です