広島2020年の注目若手選手は誰?(投手編)【プロ野球】




2019年度のプロ野球では、惜しくもセリーグでの4連覇を逃してしまった広島カープですが、果たして今後の展開はどうなっていくのでしょうか。

若手育成では定評のある広島ですので、これから来季に向けての動きが気になるところですね。

来年新しく広島の監督に決まった佐々岡真司は、どのような構想を練っているのでしょうか?

又、若手の育成という所では2軍の体制も気になるところですね。

2軍の監督に決まっているのは「水元勝巳」監督です。

コーチ陣では今年で引退をした赤松真人外野守備走塁コーチを始め、永川勝浩投手コーチなど広島ファンにとっては、おなじみのメンバーが揃いました。

ここからは2020年に向けて広島カープの注目若手選手の内、今回は投手編ということで、お伝えしたいと思います。

どんな有望な若い選手が活躍しそうなのか、楽しみに見ていきたいと思います。

最後までごゆっくりご覧ください。

Sponsored Link

広島2020年の注目若手選手は誰?(投手編)

早速ですが広島の2020年若手期待投手をお伝えします。

山口 翔(やまぐち しょう)

最初にご紹介するのは、山口 翔投手です。

今シーズンは1軍戦で1勝を挙げる活躍をしました。

山口 翔(やまぐち しょう)は、1999年(平成11年)4月28日生まれで20歳です。

熊本県の出身で身長は181cm、体重は75kg、右投げ右打ちの投手で背番号は47です。

熊本県熊本市で生まれましたが、本人が2歳の時に広島市内に引っ越しました。

野球は小学4年生の時からで、軟式野球チームの「高陽スカイバンズ」で始めました。

そして6年生になったときに熊本市に戻っています。

当時、少年野球クラブでは、投手と遊撃手の兼任だったそうです。

その後熊本市立日吉中学校に進み、軟式野球を始めています。

高校は熊本県立熊本工業高校で、1年の秋から背番号10を付けベンチ入り、2年の春から背番号1をもらい、以来エースとして活躍しました。

熊本県大会では2年生の秋季大会で準優勝を果たしました。

3年の春には第89回選抜大会で甲子園に出場しましたが、初戦で智弁学園高校に0-9で敗れました。

その後プロ志望届を提出、2017年(平成29年)10月26日のドラフト会議では、広島東洋カープから2位で指名を受け、11月6日仮契約を結んでいます。

それではここまでの成績を見てみたいと思います。

2018年度2軍での成績は、防御率 6.43 / 登板 5 / 勝利 1 / 敗北 2 / セーブ 0 / 投球回数 21 / 四死球 16 / 奪三振 19 / 自責点 15 という結果でした。

2019年度2軍での成績は、防御率 4.42 / 登板 16 / 勝利 6 / 敗北 6 / セーブ 0 / 投球回数 93と2/3 / 四死球 43/ 奪三振 57/ 自責点 46 という結果でした。

2019年度1軍での成績は、防御率 4.85 / 登板 9 / 勝利 1 / 敗北 3 / セーブ 0 / 投球回数 26 / 四死球 16/ 奪三振 21/ 自責点 14 という結果でした。

この山口 翔の特徴は、関節の可動域が柔らかくて、しなりのある右腕から投じられる最速151km/hの直球は、伸びがあります

変化球はスライダーを中心にして、カーブやフォークを織り交ぜるなどの投球を見せてくれます。

今後は直球の速度をもう少し高めると共に、変化球もあと1種類くらい覚えれば、打者にとっては打ち辛い投手になると思います。

来季は、より高い期待ができる選手だと思います。

Sponsored Link

遠藤 淳志(えんどう あつし)

続いてご紹介するのは、遠藤 淳志投手です。

今シーズンは1勝1敗1セーブを挙げています。

遠藤 淳志(えんどう あつし)は、1999年(平成11年)4月8日生まれで20歳です。

茨城県の出身で身長は184cm、体重は74kg、右投げ右打ちで背番号66の投手です。

野球は小学1年生の時に始めました。

4年生の時から投手として活躍しています。

土浦市立新治中学校を経て、高校は私立霞ヶ浦高等学校に進学しました。

1年の夏にチームは甲子園に出場しましたが、当時はベンチ入りできませんでした。

2年生の秋からエースとしての活躍が期待されたのですが、夏休み中に右手の甲を怪我してしまい、調整が遅れて登板できませんでした。

3年の夏は県大会で決勝戦まで進みましたが、土浦日大との熱戦の末、200球を超える力投をしましたが、延長15回で惜しくも敗れ、甲子園にはあと一歩で出られませんでした。

2017年のプロ野球ドラフト会議では、広島東洋カープから5巡目で指名を受け、11月7日に仮契約を結びました。

2018年度2軍での成績は、防御率 2.25 / 登板 4 / 勝利 0 / 敗北 1 / セーブ 0 / 投球回数 20 / 四死球 5 / 奪三振 8 / 自責点 5 という結果でした。

2019年度2軍での成績は、防御率 3.07 / 登板 14 / 勝利 3 / 敗北 1 / セーブ 0 / 投球回数 58と2/3 / 四死球 19/ 奪三振 51/ 自責点 20 という結果でした。

2019年度1軍での成績は、防御率 3.16 / 登板 34 / 勝利 1 / 敗北 1 / セーブ 1 / 投球回数 42と2/3 / 四死球 26/ 奪三振 38/ 自責点 15 という結果でした。

これを見ますと高卒でありながら、1軍での成績も良く、救援陣の一角にも食い込んでいることが分かります。

当時2軍の投手コーチだった佐々岡新監督は「腕のしなりが良い。自分たちの世代でいえば、伊藤智仁(元ヤクルト)くらいに見えた」と語っています。

 

 

担当スカウトからも「球持ちがよくてしかも体のバランスが良い。体格がもっと大きくなれば、さらに速い球を投げられる」と、その潜在能力を高く評価しています。

本人は球団OBの黒田博樹にあこがれを抱き「5年後、10年後にはカープを代表する投手に、最終的には日本のエースになれるよう土台を積んでいきたいです」と力強く語っています。

広島カープにとっては、何よりも心強い投手であるといえますね。

来季も大いに期待したいと思います。

以上、ここまでは2020年に期待する広島の若手投手について、お伝えしました。

いよいよ来年は東京五輪が開催されます。

そのため両リーグでは開幕日が例年よりも前倒しになるとのことです。

そのためこれからのシーズンオフで、いかに体を鍛えて開幕に間に合うよう調整をするかが、各選手たちにとっては重要になります。

来季こそ今シーズン味わった屈辱を晴らさんものと、今、カープのメンバーは一層燃えています。

皆さんで若いカープの選手を、大きな声で応援しようではありませんか。

頑張れ広島カープ! 優勝目指して躍進を!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です