坂本花織の経歴、出身中学、高校は?コーチはどんな人?




最近、日本フィギュアスケートの女子選手の活躍ぶりが話題になっていますが、特に女子の若手選手に人気が集中しているようですね。

2018年度の全日本フィギュアスケート選手権大会が12月21日からスタートし、早くも選手同士の熱い戦いが始まりました。

今年の大会の話題となっている中心人物は、今大会の5連覇をかけている宮原知子選手ですが、その宮原選手を追いかける若手の中で、坂本花織選手の存在も忘れてはならないと思います。

ここからはその坂本花織選手の経歴や、周辺の関係者などの新しい情報を中心にお伝えしたいと思います。

 

Sponsored Link

 

坂本花織の経歴と生い立ちは?

坂本花織(さかもとかおり)は、2000年(平成12年)4月9日生まれで、出身地は兵庫県神戸市で、血液型はB型、身長は158cmです。

神戸市立渚中学校を卒業し、現在は神戸野田高等学校に在学中です。

フィギュアスケートを始めたきっかけは、2003年のNHKの連続テレビ小説「てるてる家族」の中で、主人公の姉がフィギュアスケート選手だったのを見た時に興味を覚えて、花織が4歳の時に始めたとのことです。

もともとスポーツが得意で、水泳と長距離走が特技で、あこがれの選手は鈴木明子、ライバルには三原舞依選手を挙げているのですが、性格としては負けず嫌いで明るい性格で面白いと評判です。

 
このフィギュアスケート界ではあまりいなかった「お笑いキャラ」として、ボケと突っ込みが激しく、ほかの誰かがぼけたところをすぐに突っ込むとのことです。
 
このあたりの明るくひょうきんな性格が、多くの坂本選手ファンを引き付けているのではないでしょうか。
 
 

 

坂本花織の家族構成は?

それでは明るい性格である坂本花織さんのご家族はどんな感じなのでしょうか、わかっている範囲でお伝えします。

報道によりますと、坂本花織選手のお父さんは警察官だそうですが、ちょっと意外な気がしましたね。

フィギュアスケートを習うことは、コーチへ払うお金や、練習場などの費用もかなり掛かることでも知られていますので、どちらかというと金銭的に余裕がないとできないスポーツだと思います。

 
しかし、公務員として勤務されている父親は結構な資産を持っているのではないかと思います。
 
その父親や母親の坂本花織選手にかける期待というものが、かなり大きいのではないでしょうか(^^♪
 
一方、お母さんについての情報はほとんどありませんので、恐らく専業主婦として一家の家事全般を、特に花織さんの健康面を考えて料理などに気を使っているのでは、と思っています。
 
又、スケート練習場まで送り迎えをしたり、時には花織選手への応援やアドバイスなど、どちらかというと心理面でのサポート役として、まさに縁の下の力持ちとして、お母さんの存在が大きいものと思います。
 
坂本花織さんにはお二人のお姉さんがいるそうで、1番上の姉とは14歳、すぐ上の姉とは12歳と年齢が離れていますので、末っ子としてとてもかわいがられているみたいです。
 
お二人とも働いていて家計を助けながら、花織さんの活躍ぶりに陰ながら応援していると聞きましたが、素晴らしいご家族に恵まれて、いい環境で育ってきたことが分かります。
 
それだけに私たちも今まで以上に花織さんを、応援したくなってしまうのも無理ありませんね。
 
以上、坂本花織選手の心温まるご家族についてお伝えしました。
 
 

坂本花織のスケート歴とコーチは?

それではここから坂本花織選手のフィギュアスケート歴について、お伝えすることにします。

最近の女子フィギュアスケート選手層はかなり厚くなっており、上位の成績を獲得することは、大変なことだと思います。

 

Sponsored Link

 

 

過去の主な大会での成績は

過去の大会での主な成績は以下の通りです。


開催年

大会名

坂本花織選手の成績
2016 全日本ジュニア選手権 優勝
2016 ジュニアGPファイナル 第3位
2017 世界ジュニア選手権 第3位
2017 全日本選手権 第2位
2018 4大陸選手権 優勝

尚上記以外の成績については省略させていただきます。

坂本花織のコーチはどんな人なの?

そこで今までに坂本花織選手を指導してこられたコーチをご紹介することにしましょう。

現在坂本花織選手のコーチをされているのは、中野園子さんです。

中野さんのプロフィールですが、1952年(昭和27年)10月16日生まれで、兵庫県神戸市出身で最終学歴は日本大学卒です。

学生時代には女子シングル選手として活躍しましたが、選手を引退後コーチに転向、現在はグレアム充子コーチと共に、「神戸フィギュアスケートクラブ」でコーチを務めています。

そしてJFSIA(日本フィギュアスケーティングインストラクター協会)で理事を務めています。

中野園子コーチですが、坂本花織選手以外には、これまでに「三原舞依」「新田谷凛」「岩野桃亜」「梅谷英生」「山隅太一郎」など各選手の指導も担当されています。

とても実績のある素晴らしいコーチですから、坂本花織選手も安心して指導を受けていると思っていますので、今後も大いに期待できそうですね。

 

全日本フィギュアスケート選手権大会へかける心意気は?

2018年度のフィギュアスケートで最後となる全日本フィギュアスケート選手権大会が、12月21日から開始され現在熱い戦いが行われていますね。

登場する各選手たちにとって大切な今大会であるので、いつもの大会以上に盛り上がっている気がします。

最後まであきらめず上位を目指してほしい

果たして女子シングルではだれが優勝するのか、見ている私たちもハラハラドキドキしますね。
 
皆さんの熱意溢れる応援が、選手たちの演技にも大きな力となって、普段以上の好成績をもたらしてくれることと思います。
 
昨日行われた女子シングルのショートプログラムでは、宮原知子選手が1位を獲得しましたが、この後のフリー演技では他の選手たちにとっても、まだ逆転の可能性もあります。
 
最後の最後まであきらめることなく、普段培ってきたジャンプやスピンなどの技術力を大いに発揮して欲しいと思っています。
 
テレビで一生懸命演技する各選手たち、とくに坂本花織選手に頑張って優勝を目指してほしいと心から応援したいと思います。
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です